STAFF VOICE 社員紹介

小林 未知人

コミュニケーション能力と
プレゼンテーション・スキルが身につきました。

分別支援

小林 未知人

2017年入社 工学部卒
営業本部東京営業部第四グループ(分別支援チーム)

これまでのキャリア

2017年
営業本部東京営業部第四グループ(分別支援チーム)

建設現場の廃棄物分別アドバイザー役を担う。

「環境」をキーワードに就職活動をする中でタケエイを知り、会社説明会に参加。環境を中心としながらエネルギー事業にも注力し、幅広いビジネスフィールドを展開しており、自らさまざまな現場に行くことができる点に魅力を覚えたのが、入社の決め手となりました。
新人研修後、営業本部・分別支援チームに配属。建設現場で出る梱包材や紙、木くずなど、廃棄物の分別状況の確認や正しい分別知識の周知徹底を図る仕事をしています。分別支援の仕事は、現場監督や作業員の方とのコミュニケーションが基本となりますので、例えば、建設現場の廃棄物に関わる悩み事や問題点をお聞きして、それに対するアドバイスや改善提案を行うなどの活動をしています。
私は、神奈川エリアの15件の現場を担当。訪問先や順路は担当者の裁量に任されていますが、毎週1回は各現場を訪問できるように、月~金の5日間・毎日3件の巡回を実践しています。

小林 未知人

後輩の指導で自分自身も成長。

現場の「分別講習会」では、PC画面やポスターなど、出席者や会場の状況に合わせてさまざまな説明資料を作り、理解を促すためのプレゼンテーションを行います。ここでは、どんな質問にも答えられるように、事前準備が欠かせません。
また入社2年目を期に、エルダーとして新入社員の指導役を担当しました。新人に業務を分かりやすく伝えるために、自分では分かっているつもりでも実は曖昧だった知識を、明確な言葉にする努力が必要です。その中で、自分の知識を再整理し、顕在化することができました。また、「どうやったら理解してもらえるだろうか」と考え工夫することで、自分自身も成長することができたと実感しています。

小林 未知人

将来は、「タケエイの製品」を生み出すモノづくりプロジェクトを立ち上げたい、と考えています。

STAFF VOICE

社員紹介